先日ついに発売された虚ノ少女のプレイ感想です。

特異なエロゲ業界の中でもさらに独自路線を突っ走るInnocent Greyですが、やはり今作も凄まじいと感じました。

何がそこまで凄まじかったか?

それは……

めちゃめちゃグロいんです、このゲーム。

いやもう耐性のない人は胃の中身をリバースしてしまうほどにグロいです。

まあ前作殻ノ少女に比べれば随分ましですが……(あれ? ひょっとして感覚マヒしてる?

ま、まあそんな感じでプレイする際は要注意のこのゲームですが、基本的には主人公が怪事件を解決していく推理ものに分類されます。

今作は比較的難易度は低めで、初見殺しは少なめになっていると思われます。

攻略情報を見なくてもトゥルーエンドに到達できたので。

全体的な感想としては相変わらずのイノグレクオリティで安心しました。

グラフィック、音楽共に高品質ですごく引き込まれます。

シナリオはそこそこといった感じで、前作ほどのインパクトはないけれどクソゲーってほどではない。

まあ三部作なので完結編が出ればシナリオも再評価されるかも。

伏線もいくつか仕込んである感じですし。

内容的にはあまり人に勧められるようなゲームではないですが、普通のエロゲーに飽きた人は刺激を求めてプレイしてみるのもいいんじゃないかと。

もちろんグロ耐性は必須ですが(汗

ここからは前作の殻ノ少女を含めたシナリオの詳細な感想になります。

重大なネタバレが含まれているので注意。


え~と、今作のトゥルーエンディングなんですが……

主人公の時坂玲人が不憫すぎてヤバイ。

朽木冬子が亡くなっているであろうことは予想がついていたんですが、ユーザー側からしても彼女には生きていて欲しかったです。

そして案の定というか、沢城菜々子の下にいた赤ん坊が冬子が生んだ子供だった。

所々匂わせる場面はあったけど(四肢を切断された妊婦の写真とか、時坂兄妹に抱かれると泣き止むところとか)、それにしたってこれはあまりにもあんまりというか……。

肝心の赤ん坊は黒矢尚織に連れ去られるし、これもう完結編の重要ポイント確定じゃん。

冬子が見つかってもまだ時坂さんのパラノイアは完全に払拭されないとか。

あがががが。

しかし登場人物の血縁関係がヤバイですね、改めて見てみると。

パラノイアに憑かれ易い血脈なのか?

う~む完結編は本当にどうなることやら。

プレイしたいような、したくないような……